ニュース一覧

D2吉木均が生体医工学シンポジウム2016にて「ポスターアワード」を受賞しました.

掲載日:2016.09.18

D2吉木均が下記の発表に対して「ポスターアワード」を受賞しました.(2016年9月18日)

吉木 均, 只野 耕太郎, 大内 克洋, 川嶋 健嗣. バイポーラ,アルゴンプラズマおよび水蒸気噴流による凝固変性組織の比較, 生体医工学シンポジウム2016, Sep. 2016.

M1石田靖昌が最優秀講演賞を受賞しました

掲載日:2016.05.30

当研究室M1石田靖昌が,下記の発表に対して平成27年度秋季フルードパワーシステム講演会最優秀講演賞を受賞しました。(2016年5月27日)

ピンチ型空気圧サーボバルブの開発, 日本フルードパワーシステム学会, 平成27年秋季フルードパワーシステム講演会講演論文集, pp. 80-82, Nov. 2015.

新体制がスタートしました

掲載日:2016.04.08

2016年度からの本学新体制がスタートしました.

本研究室は科学技術創成研究院未来産業技術研究所の所属となります.

教育組織としては工学院機械系としてライフエンジニアリングコース(主),機械コース(副)を担当します.

また,本年度は研究室に博士課程3名,修士課程3名,学部卒研生1名の新入生を迎えました.

圧縮性流体計測制御シンポジウムを開催しました

掲載日:2016.03.07

2016/03/04に大岡山キャンパス西9号館にて

香川利春教授の定年退職を記念した圧縮性流体計測制御シンポジウムを開催しました.

シンポジウムでは香川教授の最終講義が行われ,250名以上の多くの方々にご参加頂けました。

当日の写真は下記リンクから閲覧、ダウンロード頂けます(5月31日まで)。

写真はこちら

懇親会,記念品協賛にもたくさんのご参加を頂き誠にありがとうございました.

この場を借りてお礼申し上げます.

今後ともよろしくお願い致します.

内視鏡ホルダEMAROの発売を発表しました

掲載日:2015.08.04

本研究室で開発を行ってきた空気圧駆動ロボットアームを用いた腹腔鏡操作システム

リバーフィールド株式会社によって内視鏡ホルダEMAROとして製品化されました。

詳細はこちら

本研究室に新入生が参加しました

掲載日:2015.04.01

本研究室に新たに博士1名,修士3名,学部2名の学生が配属されました.

ベンチャー企業「リバーフィールド」を設立しました

掲載日:2014.06.06

手術支援ロボットシステムなどの開発・製造を手掛けるベンチャー企業、リバーフィールドを設立し、その記事が紹介されました。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140604/356023/

FLUCOME2013の報告

掲載日:2014.05.27

FLUCOME2013の報告は以下を参照してください.

FULCOME2013開催報告.pdf

TECHNO-FRONTIER 2013に出展しました

掲載日:2013.07.22

2013年7月17日(水)~19日(金)の3日間、東京国際展示場で開催されたメカトロニクス・エレクトロニクス技術に関する展示会 "テクノフロンティア2013"に、開発中の手術支援ロボットを出展しました。 展示会場への来場者は3日間合計で28,000名を超え、本出展ブースにも非常に多くの方が立ち寄られ大変盛況でした。出展ブースでは、ロボット動作のデ モを行うだけでなく、来場者の方に操作を実際に体験して頂ける機会を設けており、多くの方々に空気圧駆動による力覚フィードバックを体感して頂くことがで きました。今回の展示会の様子は7月17日のテレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト(WBS) トレンドたまご」にて放映され、関連のある企業や医療関係者だけでなく一般の方にも広く技術を知って頂く貴重な機会となりました。

只野耕太郎助教が准教授に昇任しました

掲載日:2013.07.03

平成25年6月1日付で只野耕太郎助教が准教授に昇任しました.
http://www.pi.titech.ac.jp/news/detail_839.html